リクルート・じゃらんの冬のゲレンデ★マーケティング2014 -わたしをスキー場マーケティングの現場に連れてって!-

マーケティング

リクルート・じゃらんの冬のゲレンデマーケティング2014 -わたしをスキー場マーケティングの現場に連れてって!-

こんにちわ。
WEBツクールGrouth hackです。

さて、株式会社リクルートライフスタイル、じゃらんが今年の冬も全国のゲレンデと行っていたキャンペーンがあるのをご存知でしょうか。

 

キャンペーンの内容は、『19歳の人はリフト券が無料になる』というものです。
テレビのニュースでも取り上げられていましたので、早速現地取材を敢行しました!

…というのはウソです。チョット記事として取り上げてみたいと思います。
※上記写真はこの冬の弊社スキー部遠征時のものです。

 

キャンペーンの内容はコチラ

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 北村吉弘)に設置された観光に関する調査・研究、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター(以下JRC)」は、2011年度、2012年度に続き、19歳のリフト券を無料にし、スキー場のフリーミアムビジネスを目指すスキーエリア再活性化のための若者需要創出プロジェクト『雪マジ!19(※)~SNOW MAGIC~ 2013』を企画・実施いたします。
10月18日(金)より、JRCの呼びかけに賛同した日本全国173カ所のゲレンデと連携し、2013年度『雪マジ!19~SNOW MAGIC~』の会員登録を開始いたします。
(※)読み方:ユキマジナインティーン

雪マジ!19

◆雪マジ!19
http://www.jalan.net/theme/yukimaji19/

 

◆リクルートライフスタイル ニュースリリース
日本全国173カ所のゲレンデが、この冬19歳のリフト券をタダにします! 10月18日より『雪マジ!19 ~SNOW MAGIC~2013』会員登録開始
http://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/travel/news999_20131018.html

詳しいPDF資料はコチラからご確認ください。

◆日本全国173カ所のゲレンデが、この冬19歳のリフト券をタダにします!
10月18日より『雪マジ!19 ~SNOW MAGIC~2013』会員登録開始
http://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/2013/10/17/yukimaji_20131018.pdf

 

バブル期に比べ、数分の1に減ったゲレンデの利用者数が右肩上がりに

スキー・スノーボード等、ゲレンデの利用が一番多かったのは、バブル期である、平成4年(1992年)で、そこから景気の悪化とともに利用者数は下がり続け、平成21年(2009年)には最盛期の1/3以下にまで落ち込んでいました。

しかしながらここ数年、利用者数が右肩上がりに徐々に増えてきていっているということです。

ゲレンデの利用者数統計

◆平成24-25年 スキー・スケート場の利用者統計調査結果について(長野県観光部観光企画課)より
http://www.pref.nagano.lg.jp/kankoki/sangyo/kanko/toukei/documents/24-25ski.pdf

 

図で見ると微々たるもののように思えますが、これからも伸び続けていくことをマーケティング戦略として実行、結果を出しているということは特筆すべきことです。

この『雪マジ!19~SNOW MAGIC~』のキャンペーンでゲレンデ利用客の増加に向けて、具体的にどんなマーケティングを行ったか見ていきましょう。

 

客層を絞った新規顧客の発掘とリピーター作りのマーケティング

19歳という年齢層に客層を絞る

若いウチに経験した『楽しいこと』は将来長い期間記憶に残るので、リピーターにつながりやすい。

ゲレンデ経営者のインタビューより

また、『19歳』と絞り込むことで、『このキャンペーンはあなたのためにあるんですよ』と客層を絞り、ターゲットにアピール、新規顧客の発掘をしています。

広告、キャッチコピーでこの「自分に向けた情報なのだ」と分からせることは非常に重要で、コレができていないと、ターゲティングができていない、もしくはターゲット層に響かないということにつながり、そもそも広告やキャンペーンが成立しなくなる可能性があります。

今回で言うと、「19歳でゲレンデに行こうか検討している」人がターゲットですが、例えば「50代夫婦の温泉旅行」とかだったら軸をずらすだけで、ターゲットにピッタリな広告が作れそうですね。

 

メールとDMで顧客維持

このキャンペーンを利用するには、会員登録が必要です。

近所のスーパーで行っているような、単なる安売りだけでは、顧客単価を下げ、売上を下げるばかりで、価格競争になってしまいます。

このキャンペーンでの真の目的は、会員、リピーターの獲得です。
そして、メールとDMでの顧客の囲い込み。

さらに、年齢が同じ会員情報なので、様々なサービスでの二次利用、三次利用ができます。

実際ニュースに出ていたスキー場経営者の方は、スゴイ数のDMをせっせと用意されていました。

 

え?このWEB全盛の時代にDMは時代遅れじゃないかって?

いえいえ、『リピーター獲得』というターゲットと目的がドンピシャに絞られているからこそ、確実に情報を伝達できるDMがイイんです!

 

このように、地道にマーケティング、新規顧客発掘~顧客維持に努力していくことが、成長につながるという好例でした。
う~ん。基本に忠実ですが素晴らしいですね。

 

余談ですが、ネットでいろいろ調べていると、
時間19万円の超高額バイトの募集も行っていました!

◆「リゾバ.com」presents「雪マジ!19」応援企画 1時間で19万円を稼ぐ!超高額時給のアルバイト募集!
http://www.baitomaji19.com

 

しまった!一歩遅かった!泣

 

写真は超初心者ながらドライバー要員として思わず参加してしまった人の嘆きです。

飲ませてもらえない宿命。。というかキャラ?

今回は冬のゲレンデ★マーケティングの現場からお届けしました!

 

いや~寒いゲレンデもマーケティングはアツイ!

 

↓ 「いいね!」や「ツイート」、「ブックマーク」をしてもらえると今後の記事のクオリティーがスキージャンプ競技のようにアップします!よろしくお願いします! ↓